CategoryLibpgen-News

OSXでBSD Socketを使ってプログラミングする時

最終更新: 2015/09/16

こんにちは。

libpgenをVM上だったり、実機だったり動かしてる時にやっぱりお気に入りのMBPでも動かしたくなったので、BSD向けのコードを追加していこうと思います。BSDで低レイヤネットワークプログラミングをし始める人の参考になるように書いていくつもりです。

この記事は筆者が勉強しながら書いているので、随時新たなことがわかり次第更新します。

Continue reading

私立プログラミングキャンプに参加しました

シプキャン(私立プログラミングキャンプ)に参加してきました。

今回は徹夜のハッカソンで、僕はlibpgenの機能追加をしました。

Continue reading

TDUCTFに参加しました portscan writeup

運営の皆さんお疲れさまでした、楽しかったです!!

昨日はnomukenさん率いるTDUCTFに参加してきました。

今回はNW問がそこそこに解けて12位でした。

Screenshot from 2015-08-30 18:16:45

2015.09.20 若干の追記があります

Continue reading

libpgen で ARP Spoofing 中間者攻撃 をすべて担う

今まではlibpgenで中間者攻撃を行うときに、linuxのip_forwardを使ってパケットを中継していました。 それでも、中間者攻撃はできますが、まあ他のものに頼っている感じがあったので、すべてlibpgenで担えるようにしました。 ブリッジングもすべて自分で実装したので、今後パケット改竄機能などを追加しやすくなりました。

ソースコード

ソースコードはこんな感じになります。いつもどうり

libpgenを使用して書いています。 Continue reading

libpgen で AR Drone を操作

セキュリティ・キャンプ全国大会の審査に合格することができ、これから忙しくなれそうなので、今のうちに趣味を進めていくことにしました。

先日紹介したMITM攻撃のプログラムでAR Droneを乗っ取るプログラムを書いている最中で、AR Droneの通信を調べて、AR Droneを操作するパケットをlibpgenで送信できるようにしました。超基本的な飛行制御についても調べたので、まとめておきます。

今回使用するAR Droneは大学の研究室のAR Droneをお借りして使わせていただいています。この場を借りてお礼を言わせてもらいます。ありがとうございます。

Continue reading

libpgenでICMPを弾くホストへの経路数を調べる

前回の記事の発展で、ICMPパケットを弾くホストへの経路数を調べるプログラムを簡単に作りました。即効でコーディングしたため、汚いコードですけど、また許してください。

libpgenを使えば、こういうツールも、10分ほどで完成します!!

Continue reading

libpgenでICMPを弾くホストの生存確認をする

pingを弾くホストって、結構あります。。

では、libpgenを使用して、pingを弾くホストの生存確認をするプログラムを書きました。

Continue reading

libpgenでARP Spoofing 実験 0x02 中間者攻撃編

前回のARP Spoofing 実験でターゲットのARPテーブルを書き換えることには成功したので、実用させてみることにしました。ARP Spoofing を利用した、悪事として代表的な攻撃でMITM attack(中間者攻撃)と言うのがあります。

Continue reading

lippgenでARP Spoofing 実験 0x01

libpgenを使用して、ローカル環境で、ARPスプーフィングの実験をしました。

全てlibpgenで攻撃スクリプトを作ることができるので、様々な実験を行うことができます。

ARP Spoofing(arpキャッシュポイズニングともいう)とは偽装したARPパケットを送ってターゲットのARPテーブルを書き換えて、中間者攻撃などを可能にする攻撃方法です。

詳しくは以下を参照してください。

Continue reading

libpgenでtcp synスキャンのポートスキャナを簡単に実装する

libpgen も大体完成が見えてきたので、試しに簡単なポートスキャナを作りました。今回はtcp synスキャンをおこなうスキャナを実装します。

Continue reading

© 2017 Slank Blog

Theme by Anders NorenUp ↑