CategoryOS X

OSXでBSD Socketを使ってプログラミングする時

最終更新: 2015/09/16

こんにちは。

libpgenをVM上だったり、実機だったり動かしてる時にやっぱりお気に入りのMBPでも動かしたくなったので、BSD向けのコードを追加していこうと思います。BSDで低レイヤネットワークプログラミングをし始める人の参考になるように書いていくつもりです。

この記事は筆者が勉強しながら書いているので、随時新たなことがわかり次第更新します。

Continue reading

libpgen で ARP Spoofing 中間者攻撃 をすべて担う

今まではlibpgenで中間者攻撃を行うときに、linuxのip_forwardを使ってパケットを中継していました。 それでも、中間者攻撃はできますが、まあ他のものに頼っている感じがあったので、すべてlibpgenで担えるようにしました。 ブリッジングもすべて自分で実装したので、今後パケット改竄機能などを追加しやすくなりました。

ソースコード

ソースコードはこんな感じになります。いつもどうり

libpgenを使用して書いています。 Continue reading

libpgenというC/C++のネットワーク用のライブラリ

libpgenというC/C++用のライブラリを書いています。

固定ページにも概要を追加したのでそちらに詳しく書いています。

libpgenのくわしい説明

いつも通りソースはGitHubにあげました

libpgen — GitHub

 

コンセプトとして以下のようなものをあげました。

Continue reading

Instreem Usage

instreem の使用方法を紹介します。

まずこのプログラミングでのプロジェクトの扱い方について説明します。

instreem ではプロジェクトはある任意のパスにあるディレクトリツリーのことを指します。プロジェクトのルートパスには、edit,src,test三つのフォルダがあり、それぞれ編集中のファイル群、保存をするファイル群、テストコード用のファイル群(基本的には使わない)を入れておくための場所です。editフォルダの中に編集中のファイルを置くのですが、そのままedit直下にファイルを置くのではなく、この下にedit_srcというフォルダを置き、ここの下に編集中のファイルを展開させます。

Continue reading

Instreem ver 0.9.2

プロジェクト管理支援ソフトウェアのinstreemが完成しました。筆者は普段エディタはvimを使っているのですが、大規模開発のプログラミングになると、ファイルを分散させたり、変更に柔軟でなくなったりするので、保存が大変だったので、それらを簡単に管理できるようにしたCLIのソフトウェアを作りました。OSごとのインストールスクリプトも用意したので、手の込んだ、初期設定、ビルド作業をしなくても自動で、コンパイルして使える状態にしています。

Continue reading

© 2017 Slank Blog

Theme by Anders NorenUp ↑